菅田将暉主演ドラマも好評に終わった「ミステリと言う勿れ」 最新11巻が発売 ガロやライカも登場[コミックスベストセラー]

ニュース

5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月14日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『ミステリと言う勿れ 11』が獲得した。
 第2位は『ワンパンマン 26』。第3位は『魔入りました!入間くん 第27巻』となった。

 1位の『ミステリと言う勿れ 11』は田村由美さんによるミステリマンガの最新巻。天然パーマの大学生・整(ととのう)が主人公。整が事件の裏で絡まり合う人々の心情を推理し、会話で謎を解きほぐしていく推理劇。2022年1月にフジテレビ系月9枠で実写ドラマ版が放送され大きな話題となった。実写版で整を演じたのは菅田将暉さん。11巻ではドラマ版で永山瑛太さんが演じたガロこと犬堂我路とその兄弟が追う事件や、門脇麦さんが演じたライカとのエピソードも描かれる。ドラマ版でファンになった読者も気になる新巻となっている。

1位『ミステリと言う勿れ 11』田村由美[著](小学館)

同級生のレンに「怪しげなバイト」に誘われた整。しかしその裏には何か秘密がありそうで…!?一方、姉の死の真相を追うガロ達は、謎の心理カウンセラー・鳴子に迫る――!! 急展開の11巻!(小学館ウェブサイトより)

2位『ワンパンマン 26』ONE[原作]村田雄介[漫画](集英社)

加熱する怪人協会幹部との戦いで、S級ヒーロー達は苦戦を強いられる展開に…。唯一、タツマキはギョロギョロの本体を見抜き追い詰めて…。一方、ガロウと対峙したクロビカリ、迷宮を彷徨うサイタマは…!?(集英社ウェブサイトより)

3位『魔入りました!入間くん 第27巻』西修[著](秋田書店)

問題児クラスvs悪魔学校バビルス教師陣の試験「心臓破り」はさらに激化!!試験中に合流したアスモデウスとカムイチームは、サリバン理事長の参戦を阻止する指令「SOS」に挑む!!しかし、その結果、アスモデウスは類をみない過酷な戦闘を強いられることに…!?(秋田書店ウェブサイトより)

4位『アルスラーン戦記(17)』荒川弘[漫画]田中芳樹[原作](講談社)

5位『アオのハコ 5』三浦糀[著](集英社)

6位『SPY×FAMILY 9』遠藤達哉[著](集英社)

7位『からかい上手の高木さん 18』山本崇一朗[著](小学館)

8位『WIND BREAKER(7)』にいさとる[著](講談社)

9位『SPY×FAMILY 1』遠藤達哉[著](集英社)

10位『SPY×FAMILY 4』遠藤達哉[著](集英社)

〈コミックスランキング 6月14日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2022年6月18日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加