荒川弘 新連載作品は第一話から怒涛の展開! 「東京卍リベンジャーズ」「キングダム」「葬送のフリーレン」「ゴールデンカムイ」新刊もランクイン[コミックスベストセラー]

ニュース

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月21日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『東京卍リベンジャーズ(28)』が獲得した。
 第2位は『キングダム 65』。第3位は『葬送のフリーレン 8』となった。

 今週は昨年夏に北村匠海さん主演により実写映画化され、2021年を席巻した「東京卍リベンジャーズ」、今年7月15日より山崎賢人主演による実写映画第二弾が公開予定の「キングダム」、2021年マンガ大賞を受賞した「葬送のフリーレン」、4位以下でも4月に完結を迎えた「ゴールデンカムイ」、アニメ化が決定した「【推しの子】」と話題作の新刊が目白押しだ。

 なかでも注目は8位にランクインした『黄泉のツガイ 1巻』。「鋼の錬金術師」や「アルスラーン戦記」「百姓貴族」で知られる荒川弘さんの最新作、第一巻だ。「鋼の錬金術師」が連載されていた「月刊少年ガンガン」で新たに始まったオリジナル作品。山奥の村で暮らす少年ユルと双子の妹アサ。出生の秘密や謎の「龍」が飛び交う様子が描かれ、異世界を舞台にしたファンタジー?と思いきや……。連載開始第一回目から怒涛の展開と不思議な力をもつキャラクターたちに魅了された読者も多く、ハガレンファンからの期待も高い。第一話は「月刊少年ガンガン」公式サイトで試し読みができる。

1位『東京卍リベンジャーズ(28)』和久井健[著](講談社)

最新タイムリープ・サスペンス第28巻!! 三天戦争の傷が癒えたタケミチは、かつての仲間達とともに新チームを結成し、マイキーへのリベンジを期す! “二代目 東京卍會”vs.”関東卍會”。タケミチ最後の大勝負。二つの”トーマン”による、一大決戦が始まる!!(講談社ウェブサイトより)

2位『キングダム 65』原泰久[著](集英社)

秦連合軍、決戦の地へ! 紀元前233年 趙国北部攻略戦 趙総大将・扈輒を討ち、武城・平陽を射程にとらえた秦軍。 しかし趙は、復帰した李牧の策で、秦の進攻に待ったをかける。 それを受け、秦軍総大将・王翦、秦軍総司令・昌平君は相次いで新たな“決戦の地”を指示。趙の歴史に終止符を打つべく、秦軍が目指すのは…!?(集英社ウェブサイトより)

3位『葬送のフリーレン 8』山田鐘人[原作]アベツカサ[作画](小学館)

今は亡き勇者たちに捧ぐ後日譚ファンタジー 今は亡き勇者たちとの旅路を 再び歩む魔法使い・フリーレン。 一級魔法使いを伴わないと進めない、過酷な北部高原へ。 途上、魔法使いたちと再会、そして魔族との会敵―― 物語は、美味くないパンの味を思い出させる。 英雄たちの“郷愁”を滲ませる後日譚(アフター)ファンタジー!(小学館ウェブサイトより)

4位『ゴールデンカムイ 30』野田サトル[著](集英社)

5位『ミステリと言う勿れ 11』田村由美[著](小学館)

6位『名探偵コナン ゼロの日常 6』新井隆広[著]青山剛昌[原案協力](小学館)

7位『かぐや様は告らせたい 26 ~天才たちの恋愛頭脳戦~』赤坂アカ[著](集英社)

8位『黄泉のツガイ 1巻』荒川弘[著](スクウェア・エニックス)

9位『【推しの子】 8』赤坂アカ[著]横槍メンゴ[著](集英社)

10位『ダイヤのA act2(31)』寺嶋裕二[著](講談社)

〈コミックスランキング 6月21日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2022年6月25日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加