マンガで読む落語演目「目黒のさんま」 『山田全自動の落語でござる』試し読み

試し読み

8
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

落語初心者大歓迎! 古典落語全29演目を独特なタッチでコミカライズ

 ちょんまげに着物姿の江戸時代町人風という独特なキャラクターで、日常のあるあるネタをシュールなコメントとともに表現する作品が定番の山田全自動さん。Instagramのフォロワー数も優に100万人を超え、多方面から注目されている人気イラストレーターだ。そんな彼が注力しているテーマが「落語」。数年前、古典落語の演目を漫画化してSNSなどで発表したところ、瞬く間に人気沸騰、ついには書籍化となった。

 その『山田全自動の落語でござる』では、未公開の描き下ろし作品も大幅に加えて29演目を収録。さらに、落語あるあるネタはもちろん、江戸時代の庶民の暮らしや職業、遊郭などについてイラスト付きで解説する、“落語がもっと面白くなる”豆知識コラムも満載だ。山田全自動ファンのみならず、落語初心者の方でも十分楽しめる一冊となっている。今回は試し読みとして「目黒のさんま」の章を丸ごと公開する。





辰巳出版
2022年8月5日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

辰巳出版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社辰巳出版社のご案内

辰巳出版社グループは、雑誌・書籍・ムック・コミックス・ニューメディア商品の出版・発行をしてします。
「シーバ」「猫びより」などのペット雑誌や、「つり情報」「パチンコ・パチスロ必勝本」プロレス誌「Gスピリッツ」、「自転車日和」、料理本などの趣味系ムック、書籍などを扱う辰巳出版。
趣味・くらし・健康の実用書を扱う日東書院本社に分かれており、様々なジャンルで『面白い、楽しい。』を追求しています。