2022年10月より実写ドラマ放送スタート! シリーズ累計発行部数100万部突破の人気コミック『推しが武道館いってくれたら死ぬ』【最新9巻】 9月13日(火)発売!

映像化

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

推しが武道館いってくれたら死ぬ
2022年10月実写ドラマ化が決定している、人気コミック『推しが武道館いってくれたら死ぬ』の最新9巻が2022年9月13日(火)に発売

株式会社徳間書店は、2022年10月実写ドラマ化が決定している、人気コミック『推しが武道館いってくれたら死ぬ』の最新9巻が2022年9月13日(火)に全国の書店、ネット書店にて発売することをお知らせいたします。

アイドルとファンのリアルな距離感に共感の声続出の大人気作品。【推し】という言葉を世の中に広めた「元祖」と言われている“推し武道”。誰かを好きで好きでたまらない気持ちを知る、すべての人にお贈りします! コミックスはシリーズ累計100万部を突破、既刊1~8巻は徳間書店リュウコミックスより大好評発売中です!

●シリーズ最新刊『推しが武道館いってくれたら死ぬ(9)』

岡山県で活動するマイナー地下アイドル【ChamJam(チャムジャム)】の内気で人見知りな人気最下位メンバー【舞菜】を人生すべて捧げて応援する熱狂的ファンがいる。収入は推しに貢ぐので、自分は高校時代の赤ジャージ。愛しすぎてライブ中に鼻血ブーする……伝説の女【えりぴよ】さん!
舞菜が武道館のステージに立つ日まで…えりぴよの全身全霊傾けたドルヲタ活動は続くっ!!!!!
アニメ化に続いて実写化も進行中の人気コミック…待望の最新9巻!!!

※9巻書影は【推しが武道館いってくれたら死ぬ】
公式Twitterアカウント➡ https://twitter.com/oshibudoryu にて8月下旬頃初公開予定!

シリーズ既刊 大好評発売中!
第1巻【1話~3話】試し読みいただけます!
推しが武道館いってくれたら死ぬ<第1巻>
岡山県の地下アイドルグループの人気最下位メンバー、
舞菜を人生すべて捧げて応援するえりぴよ!
【第1話】試し読み https://bit.ly/3NF9o8g
【第2話】試し読み https://bit.ly/3bdyRIi
【第3話】試し読み https://bit.ly/3HJ5hXd

8月24日より電子書籍フェア開催予定
施策名:【COMICリュウWEB】創刊4周年! 超・無料フェア ~10月ドラマ化篇~
期間:2022/8/24~2022/8/31
内容:「推しが武道館いってくれたら死ぬ」3巻まで試し読み無料&既刊割引をはじめ、
COMICリュウ人気作品の試し読み無料、割引多数。
開催書店・イベント内容の詳細はCOMICリュウ公式ブログにて順次公開いたします。

【COMICリュウ公式ブログ】 https://www.comic-ryu.jp/blog/

地上波連ドラ初主演・松村沙友理がドルオタを演じる!

◆ドラマあらすじ◆
フリーターのえりぴよ(松村沙友理)は、地元・岡山のマイナー地下アイドル・ChamJam(チャムジャム)のメンバー・市井舞菜(伊礼姫奈)に人生の全てを捧げている熱狂的なアイドルオタク。収入の全てを推しである舞菜に貢ぎ、自らの服装は高校時代の赤ジャージのみという徹底ぶり。24時間推しのことを想い、声の限りを尽くして推しの名前を叫ぶその姿は、いつしか“伝説”と呼ばれるようになり、オタク仲間からも一目置かれる存在となっていた。
一方で、内気でシャイな性格の舞菜は、単推し(=一人のメンバーを一途に応援すること)してくれるえりぴよを認知していながらも、緊張のあまり “塩対応”してしまう日々…。お互いを大切に想っているのにすれ違い続ける、もどかしく歯がゆい二人の関係はこれからどうなるのか…!?
『いつか舞菜が武道館のステージに立ってくれたなら…死んでもいい!』
そう断言する伝説の女性ドルオタ・えりぴよのまっすぐでひたむきな活動は、やがてChamJamもオタクたちも巻き込んでいく…!?

【放送情報】
ABCテレビ(関西) 2022年10月9日(日)よる11時55分
テレビ朝日(関東) 2022年10月8日(土)深夜2時30分 スタート!

【番組公式ホームページ】
https://www.asahi.co.jp/oshibudo/

【番組公式SNS】
◆ドラマ公式Twitter◆ @oshibudo_abc
◆ドラマ公式Instagram◆ @oshibudo_abc
◆ドラマ公式LINEアカウント◆ https://lin.ee/a3mKfaf

【キャスト&スタッフ】
出演 : 松村沙友理
     中村里帆 MOMO(@onefive) KANO(@onefive) SOYO(@onefive) GUMI(@onefive) 
     和田美羽 ・ 伊礼姫奈

原作 : 平尾アウリ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』(COMICリュウWEB/徳間書店)

監督 : 大谷健太郎、北川瞳、高石明彦
脚本 : 本山久美子
音楽 : 日向萌

企画・プロデュース : 清水一幸
プロデューサー : 辻知奈美、矢ノ口真実(The icon)、高石明彦(The icon)

音楽制作 : ポニーキャニオン
制作協力 : The icon
制作著作 : 「推しが武道館いってくれたら死ぬ」製作委員会・ABC

※この情報は2022年8月16日現在のPR TIMES掲載内容を元に作成しています。内容は更新されている場合がございますので、最新の情報は公式サイトをご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加