アニメ化決定!「葬送のフリーレン」最新9巻がベストセラー 荒川弘最新作「黄泉のツガイ」2巻も登場

ニュース

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月21日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『キングダム 66』が獲得した。
 第2位は『名探偵コナン 102』。第3位は『葬送のフリーレン 9』となった。

 3位の『葬送のフリーレン 9』は魔王を倒した勇者パーティーのひとり、エルフのフリーレンの“その後”の生き方を描いたファンタジーマンガ。仲間たちが寿命を迎える中、フリーレンは「人を知る」ことをしてこなかったことを悔やみ、新しい仲間たちと新たな旅に向かう。2020年4月の連載開始以来、21年に「マンガ大賞2021」で大賞を受賞するなど、評価はうなぎのぼり。先日アニメ化が発表され大きな話題となった。

 4位以下で注目は4位に初登場の『黄泉のツガイ 2』。「鋼の錬金術師」や「アルスラーン戦記」「百姓貴族」で知られる荒川弘さんの最新作、第二巻。俗世界から隔離された山奥の村で育った少年ユルが主人公。謎の襲撃者に村が襲われ、異能の存在“ツガイ”を操る能力を得たユルは両親の行方を探すために双子の妹アサを追い外界に降り立つ。スピード感溢れるバトルや緊迫のストーリー展開、謎多き世界設定が人気を博し、「ハガレン」ファンからも大好評となっている。

1位『キングダム 66』原泰久[著](集英社)

過去最大規模の激突!紀元前233年秦趙宜安決戦趙国王都・邯鄲を攻略すべく、趙北部・宜安からの進路を選択した秦国。しかし、戦線に復帰した李牧は圧倒的な兵力を宜安に集結させ、秦軍を待ち構えていた。かつてない規模で開戦される宿命の秦趙決戦。包囲された秦軍に勝機は!?(集英社ウェブサイトより)

2位『名探偵コナン 102』青山剛昌[著](小学館)

<桜>の想いは受け継がれる――伊達航の手帳が導いた身代金事件解決編!高木渉・佐藤美和子・安室透が追う!婚活パーティーで横溝重悟が萩原千速と遭遇!高木渉を見つめる千速の脳裏に去来するものは!?正義の執行人達に受け継がれていく<桜>の想い…――そして。前触れもなく、物語は激動する。(小学館ウェブサイトより)

3位『葬送のフリーレン 9』山田鐘人[原作]アベツカサ[作画](小学館)

今は亡き勇者たちに捧ぐ後日譚ファンタジー 勇者ヒンメルの死をきっかけに“人を知る”旅を歩む魔法使い・フリーレン。目指すは“魂の眠る地”――魔王城がある場所。北部高原へ進み、遭遇するは七崩賢・黄金郷のマハト。物語は、黄金都市に残る記憶を投影する。英雄たちの“昔日”を描き出す後日譚(アフター)ファンタジー!(小学館ウェブサイトより)

4位『黄泉のツガイ 2』荒川弘[著](スクウェア・エニックス)

5位『ゆびさきと恋々(7)』森下suu[著](講談社)

6位『ワールドトリガー 25』葦原大介[著](集英社)

7位『よふかしのうた 13』コトヤマ[著](小学館)

8位『魔法使いの嫁 18』ヤマザキコレ[著](マッグガーデン)

9位『金色のガッシュ!! 2(1)』雷句誠[著](クラーケンコミックス)

10位『誰かこの状況を説明してください! ~契約から始まるウェディング~ 7』木野咲カズラ[漫画]徒然花[原作](フロンティアワークス)

〈コミックスランキング 9月21日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2022年9月24日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加