不死人(アンデッド)の検屍人 ロザリア・バーネットの検屍録 骸骨城連続殺人事件

不死人(アンデッド)の検屍人 ロザリア・バーネットの検屍録 骸骨城連続殺人事件

著者
手代木 正太郎 [著]/SWAV [著]
出版社
星海社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784065148457
発売日
2019/02/17
価格
1,566円(税込)

内容紹介

吸血鬼の居城で変死を遂げ、屍人と化す花嫁たち。
無垢な死体を解剖し、穢れた生者の罪を検屍人が曝く――。

不死人=アンデッドを検屍鑑定し謎を解く、暗黒怪奇ファンタジー。

コープス、グール、ヴァンパイア――死後もこの世を徘徊する不死人=アンデッドが存在する世界。
〈アンデッド検屍人〉を自称する少女・ロザリアと〈アンデッドハンター〉のクライヴは、屍人=コープスの発生が相次ぐ吸血鬼の血族の居城〈骸骨城〉へと赴く。
地下室で二百年の歳月を吠え続ける吸血鬼、悪しき思惑を抱く者を祟り殺す温室の幽霊、悪魔的な絡繰り処刑器具……。
呪われた怪談渦巻く〈骸骨城〉には、城主の妻となるべく四人の花嫁候補が集っていた。
花嫁選定の儀式が凶兆を告げ、変死を遂げる花嫁候補たちは続々と屍人として復活する――。

「私が信じるのは死者だけだ。
 やつらは饒舌に真実のみを語ってくれる」

連鎖する死屍累々を検屍解剖し、ロザリアはこの幻妖な連続殺人を医学論理から究明する。
惨劇の背後には、鮮血と狂気に塗れた真実が隠されていた――!

データ取得日:2019/07/30  書籍情報:版元ドットコム