アースダイバー 神社編

アースダイバー 神社編

著者
中沢 新一 [著、写真]
出版社
講談社
ジャンル
歴史・地理/日本歴史
ISBN
9784065217757
発売日
2021/04/22
価格
2,420円(税込)

内容紹介

人気シリーズ「アースダイバー」が、いよいよその関心の中心である、神社を取り上げます。
生命にとっての普遍的聖地に加えて、ホモサピエンス・サピエンスにとっての聖地、そして古代の日本列島に居住した縄文系と弥生系(倭人系)にとっての聖地(のちの神社)の心的・歴史的な構造を探っていきます。
主な取扱い神社は、以下の通りです。
大日霊貴神社(鹿角大日堂) 諏訪大社 三輪神社 出雲大社 和多都見(海神)神社 志賀海神社 穂高神社 伊勢神宮などなど
神社に残された祭儀に秘められた思考を遡っていくと、アメリカ先住民、アジアの少数民族、ネパール、東南アジアなどとの深いつながりが明らかになります。
また、同時にこの列島に数万年にわたって繰り広げられてきた、われわれの祖先の前宗教的・宗教的思考の根源とその展開が解明されていきます。
山とは、海とは、蛇とは、太陽とは……。
歴史の無意識の奥にしまいこまれた記憶を甦らせる魂の冒険へ、いざ。

目次

プロローグ 聖地の起源

第一部 聖地の三つの層
    第一章 前宗教から宗教へ
    
    第二章 縄文原論
     
    第三章 弥生人の神道

第二部 縄文系神社
    第四章 大日霊貴神社(鹿角大日堂)
        東北の続縄文   地名起源伝説
        太陽神の聖地に建つ大日堂
    第五章 諏訪大社
        縄文の「王国」   蛇から王へ
        御柱祭りの意味

    第六章 出雲大社
        蛇   タマ
        神話の建築
    第七章 三輪神社
        ナラの原像   血と酒の蛇
        蛇と鑑の確執

第三部 海民系神社
    第八章 対馬神道
        はじまりの島   ムスビの神
        渚の神話学
    第九章 アヅミ族の足跡
        海の民の末裔   日本海ルート
        太平洋ルート   
    第十章 伊勢湾の海民たち
        太陽の道   海人と鳥

エピローグ 伊勢神宮と新層の形成

データ取得日:2021/11/26  書籍情報:openBD