うそ

うそ

著者
谷川俊太郎 [著]/中山信一 [イラスト]
出版社
主婦の友社
ISBN
9784074464708
発売日
2021/04/01
価格
1,540円(税込)

内容紹介

「あやまってすむようなうそはつかない」――。嘘に誠実であるほど、「ぼく」の言葉が深く響く。谷川俊太郎の珠玉の詩が絵本に!

「いっていることは うそでも うそをつく きもちは ほんとうなんだ」――。
この絵本は、詩人・谷川俊太郎さんが1988年に刊行した詩集『はだか』のなかの一編「うそ」に、 イラストレーター・中山信一さんが詩からイメージして絵を描き、構成した一冊。 「うそはくるしい」はずなのに、平気でうそをつく人がいる。 大きな声でうそをつき、しらを切り通す人もいる。 うそをくり返したら、ほんとうになるのだろうか。 この世のほんとのことより、うそであふれている。 うそをつかない人なんて、この世にはいないだろう。 でも、どうして人はうそをつくのだろうか。 ついついてしまったうそ。ごまかすためのうそ。 自分を守るためのうそ。相手の幸せを願ってつくうそ。 うそだと知りながら、つき通すことを選んだ大切なうそ。 うそだと知っていながら、ほんとを装って受け入れるうそ。 ある男の子が犬と散歩しながら、うそについていろいろ思い、考える。 嘘に誠実であるほど、「ぼく」の言葉が、心に深く響く。 そもそも[ついていいうそ]と[ついてはいけないうそ]、 [いいうそ]と[悪いうそ]って、あるのだろうか。 あるとすれば、その違いはなんだろう。 いい・悪いや、軽い・重いという基準で測れるものだろうか。 「うそとほんと、良いことと悪いこと、美しいものと醜いもの、 どっちかに割り切れないところに、生きていることの本当の姿があります」 (あとがき「うそとほんと」谷川俊太郎) 生きていれば、忘れられないうそが増えていく。 うそと向き合うほど、悩み、苦しみ、救われる。 うそに戸惑う子どもたちと、うそに慣れた大人たちへ――。 心の奥深いところに届く、時おり読み返したくなる宝物のような一冊。

データ取得日:2021/09/15  書籍情報:openBD