べしゃる漫画家

べしゃる漫画家

著者
森田 まさのり [著]/タカハシ アキラ [著]
出版社
集英社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784087880267
発売日
2019/09/19
価格
1,540円(税込)

内容紹介

『ろくでなしBLUES』『ROOKIES』『べしゃり暮らし』の人気漫画家が「漫画」と「笑い」をべしゃりつくす!
累計発行部数7,500万部超のベストセラー漫画家である森田まさのり氏が初めて自身について語った書籍です。

・約100の図版も掲載! 自身の「人生」と「漫画」に関して語りつくした35,000字インタビュー
・「M-1グランプリ2018」に挑む著者を写真家・タカハシアキラ氏が密着撮影したドキュメント
・神と崇める伊集院光氏との豪華対談
・漫画家として影響の受けた『1・2の三四郎』の小林まこと氏のインタビュー
・注目のお笑いコンビ3組(見取り図、コウテイ、金属バット)のインタビュー
など、漫画ファン、お笑いファン両方にとって読み応えのある企画が盛りだくさん。

コミックス『べしゃり暮らし』20巻との同日発売を記念して、両書籍(ともに初版分)を購入した読者への抽選プレゼント企画も実施!【応募締切2019年11月19日(火)】

人気漫画家でありながら、昨年の「M-1グランプリ2018」の準々決勝に進出し、すべての予選を通して最も上位に進出したアマチュアコンビに贈られる「ベストアマチュア賞」の受賞を果たした著者だからこその「漫画」と「笑い」への愛が溢れる1冊となっています。

「名前負けとはこのことだと思います。
『べしゃる漫画家』などという大それたタイトルを冠するこの本ですが、著者である僕は“べしゃること"が苦手なのです。〈テレビにも出てしゃべってるくせになにを言うんだ!〉と的確なツッコミをしてくれる読者もいるかもしれませんが、本当に苦手なのです。それは僕が理想とする(と、言うと偉そうに聞こえて語弊があるのですが)べしゃりのレベルが芸人さんにあるからかもしれません。
僕は自分の職業である「漫画家」と同じぐらい「芸人」を尊敬しています。M-1グランプリ予選に出場したのも、あの世界のリアルとシビアさを少しでも体験したかったからでした。
僕は“べしゃること"が苦手です。下手くそです。でも、だからこそを話そうと決めました。芸人さんのようにうまく話せない自分を隠すことなく、下手なりに誠実に、漫画家になるまでの道のりや、それぞれの作品に込めた想いや裏側を語らせていただきました。『べしゃる漫画家』。“お耳"を拝借できれば幸いです」

【プロフィール】
森田まさのり(もりた・まさのり)/漫画家。1966年12月22日生まれ。滋賀県出身。1987年「週刊少年ジャンプ」にて『BACHI-ATARI ROCK』初掲載。翌年に連載開始となった『ろくでなしBLUES』で大ブレイクを果たす。その他、代表作は『ROOKIES』『べしゃり暮らし』。お笑いにも造詣が深く2018年に「M-1グランプリ2018」に出場。準々決勝に進出し、すべての予選を通して最も上位に進出したアマチュアコンビに贈られるベストアマチュア賞を受賞した。

データ取得日:2019/11/18  書籍情報:版元ドットコム