デモクラシーの宿命

歴史に何を学ぶのか

デモクラシーの宿命

著者
猪木 武徳 [著]
出版社
中央公論新社
ジャンル
社会科学/社会科学総記
ISBN
9784120052026
発売日
2019/06/07
価格
2,420円(税込)

内容紹介

デモクラシーはいま、その成熟ゆえに、自身の価値である自由と平等を危うくしている。市場の選択、個人の合理性、国家のありよう……、必然の困難と公共の利益をいかに調和させていけるのか。そして、健全なデモクラシーの統治には、どのような知性が求められているのか。

経済学の泰斗が、近年の危機を冷徹に分析し、その本質と、「善き社会」へ向かうための方途を問い直す。私たちは、歴史に何を学べるのか。

【目次】

 はじめに
 
第Ⅰ部 デモクラシーと市場の選択

 第1章 高齢社会のデモクラシー/第2章 ナショナリズムと経済政策/第3章 メディアの役割と読者の責任

第Ⅱ部 教育と学問が向かうところ―高等教育を中心に

 第4章 社会研究における人文知の役割/第5章 大学の理念とシステム/第6章 「大学改革」をめぐって
第Ⅲ部 文明から野蛮へ?

 第7章 歴史に学ぶとは/第8章 格差と分断/第9章 文明から野蛮へ

データ取得日:2021/06/07  書籍情報:openBD