告発 児童相談所が子供を殺す

告発 児童相談所が子供を殺す

著者
山脇 由貴子 [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784166610907
発売日
2016/09/21
価格
858円(税込)

内容紹介

最後のセーフティーネットは穴だらけ――元職員が覚悟の告発! 虐待された子どもの「最後のとりで」となるのが児童相談所です。必要があれば親と引き離したり、一時保護所で預かったり、訪問やカウンセリングをして安全を確保する役所―ーのはずなのに、「児童相談所に何度も通報していたのに虐待死してしまった」という例が後を絶ちません。なぜ、〝最後のセーフティーネット〟は虐待を見過ごしてしまうのでしょうか? 児童相談所の多忙、人手不足、専門家の不足、ハード面の限界は各メディアでも言われていますが、それは本質的な問題ではありません。本書で取り上げる問題の一例は――。 ・子どもの運命を決める「児童福祉司」は、専門職ではない普通の公務員の異動先 ・キャリアの長短に関わらず、児童福祉司に絶大な権限が集中 ・心理的虐待、ネグレクトなどの相談終了の判断基準は「死ぬことはないから」 ・虐待は手間と時間がかり責任を負いたくないので、学校、保育園などに押し付ける ・役所の中で児相は超不人気部署。“お役所体質”の問題が凝縮 ・相模原市の児相談所が女子9人を全裸にして身体検査した事件は他でも起こり得るなぜ虐待が起きるのか、見過ごされるのか、どうしたらいいのか? 著者は19年にわたり心理司として児相に勤め、2000人以上の家族と接してきたプロフェッショナル。15万部のベストセラー『教室の悪魔』を記したカウンセラーが、子どもたちの悲痛なか細い声を交えながら、満を持して問題のすべてを論じます。

データ取得日:2020/05/29  書籍情報:openBD