自分の体で実験したい

命がけの科学者列伝

自分の体で実験したい

著者
Boring, Mel [著]/Dendy, Leslie A [著]/Dendy, Leslie A. [著]/梶山 あゆみ [訳]/Dendy Leslie [著]/Mordan C.B. [著]/ボーリング メル [著]/モーダン C.B. [著]/デンディ レスリー [著]
出版社
紀伊國屋書店
ISBN
9784314010214
価格
2,052円(税込)

内容紹介

坂口安吾は「ラムネ氏のこと」という小文で、ふぐ料理の殉教者やきのこ採りの名人のことを讃えている。毒かどうか試した人がいたのだ。本書は、科学と医学の分野で、動物実験などをやった後で、最後に自分を「実験台」とした、過去2、3世紀の世界各地での事例の中から興味深いものを集め、原論文や様々な資料にあたりつつ再現を試みる。多くの人命を救った実験もあれば、ノーベル賞級の実験もある。自らの命をこの実験に捧げることになった実験もある。なぜそうした実験をすることになったか、実験者の心と行動に光を当てることで、大変ユニークな読み物となっている。巻末には、日本の研究も含む、「自分の体を使う実験」の詳細な年表が付されている。

データ取得日:2017/09/10  書籍情報:版元ドットコム