労働市場における労働者派遣法の現代的役割

労働市場における労働者派遣法の現代的役割

著者
本庄 淳志 [著]
出版社
弘文堂
ジャンル
社会科学/法律
ISBN
9784335356568
発売日
2016/01/29
価格
5,940円(税込)

内容紹介

●労働者派遣法に求められる役割とは何か
急激な少子高齢化を迎えている日本で、将来に向けて労働者派遣制度をどのように再構築するかは、立法政策として待ったなしの最重要課題であり、本法は2015年にも大幅な改正が行われました。
本書は、日本の現状を法的視点から再整理し、従来の、直接雇用を重視する観点から伝統的に常用代替の防止を中核としていた規制を見直し、個々の派遣労働者の労働条件に応じた規制展開の必要性を説いています。また、外国法(オランダ法・ドイツ法)との比較を通して、本制度の普遍的要素と固有要素を明らかにした上で、今後求められる労働者派遣制度のあり方を提言します。

データ取得日:2018/12/16  書籍情報:版元ドットコム