デリダと死刑を考える

デリダと死刑を考える

著者
高桑 和巳 [著、編集]/鵜飼 哲 [著]/江島 泰子 [著]/梅田 孝太 [著]/増田 一夫 [著]/郷原 佳以 [著]/石塚 伸一 [著]
出版社
白水社
ジャンル
哲学・宗教・心理学/哲学
ISBN
9784560096710
発売日
2018/11/27
価格
3,300円(税込)

内容紹介

ソクラテスからオウム真理教まで!

 デリダで/とともに考えるのは、ソクラテスからオウム真理教まで!デリダの脱構築を手がかりに、政治と宗教と権力の力学をあぶりだし、死刑を考えるためのハンドブック。編者の緒言をはじめ、六人の執筆者による書き下ろし。
 本書のタイトルは、〈仮に英語にするならば「Thinking Death Penalty with Derrida」とでもなるが、「with」は「……を用いて」という意味にもなる。デリダについて考えながら、デリダを伴走者としつつ、デリダを用い、あらためて死刑制度を考えよう、というわけである〉(「はじめに」より)。
 収録論考は「ギロチンの黄昏──デリダ死刑論におけるジュネとカミュ」(鵜飼哲)、「ヴィクトール・ユゴーの死刑廃止論、そしてバダンテール──デリダと考える」(江島泰子)、「デリダの死刑論とニーチェ──有限性についての考察」(梅田孝太)、「定言命法の裏帳簿──カントの死刑論を読むデリダ」(増田一夫)、「ダイモーンを黙らせないために──デリダにおける「アリバイなき」死刑論の探求」(郷原佳以)、「デリダと死刑廃止運動──教祖の処刑の残虐性と異常性」(石塚伸一)。

データ取得日:2019/12/09  書籍情報:版元ドットコム