ミステリーで読む戦後史

ミステリーで読む戦後史

著者
古橋信孝 [著]
出版社
平凡社
ISBN
9784582859010
発売日
2019/01/17
価格
1,015円(税込)

内容紹介

敗戦後の復興の光と影のなかで、『点と線』『ゼロの焦点』が書かれ、爆発的な人気を博し、推理小説に社会派という新たな流れをつくり出す。さらに、高度成長期へと続く時代のなかで、『海の牙』や『人喰い』、騒音公害を告発する『動脈列島』などの作品が生み出されていく――。ミステリーは謎解きが終われば、それで一応の役目は終わりとなるが、歴史のなかに位置づけることで、時代が抱える問題が鮮明に浮かび上がる。はたして、ミステリーは戦後社会をどう捉えてきたか。まったく新しい読み方で、一〇年ごとに時代を振り返る。

データ取得日:2019/05/18  書籍情報:版元ドットコム