〈大橋家文書〉の研究

近世・近代将棋資料

〈大橋家文書〉の研究

著者
増川 宏一 [著]
出版社
法政大学出版局
ジャンル
歴史・地理/日本歴史
ISBN
9784588300530
発売日
2021/07/02
価格
3,850円(税込)

内容紹介

将棋宗家〈大橋家〉に遺された膨大な資料を読み込み、十二代にわたる大橋家の成立と初代宗桂の出自、江戸への移住と拝領地をめぐるエピソード、寺社奉行支配下での義務と責任、家康の代に始まる「御城将棋」の実態とその形骸化などを考察。「将棋所」なるものは存在したのか、大橋家は何によって生計を立てていたのかなど、数々の謎に迫るとともに、将棋指しの日常生活や交友関係にもおよぶ「資料で読む近世・近代将棋史」。

データ取得日:2021/11/30  書籍情報:openBD