バイデンの光と影

バイデンの光と影

著者
エヴァン・オスノス [著]/矢口 誠 [訳]
出版社
扶桑社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784594087944
発売日
2021/04/30
価格
1,870円(税込)

内容紹介

全米20万部突破! 世界13カ国で刊行!
ピューリッツァー賞受賞者が、
バイデン氏本人、オバマ前大統領をはじめ100人以上におよぶ綿密な取材に基づいて、
その「人となり」を描いた究極の評伝!

もっとも不幸で、もっとも幸運な男

すべてが限界を超えたアメリカ、そして日米関係の行方は?

【解説 上智大学教授 前嶋和弘氏】
日本にとってもバイデン政権誕生の意味は大きい。
強い日米関係を軸とするところはバイデン政権でも変わらない。中国の台頭、北朝鮮の核・ミサイル開発に代表されるように、日本をめぐる安全保障上の環境は安倍政権前よりもかなり悪化している。この中で、日米同盟をどう深化・進化させるかは日本側にとっても大きな課題である。(中略)
また、米中の「新冷戦」がさらに進展し、バイデン政権時の米中関係はさらに対立が激しくなる事態も予想される。米中関係を意識し、アメリカとの関係を考えないといけないという連立方程式の時代になっている。(中略)
中国の台頭という大きな変化の中でバイデン氏がどんなリーダーシップをとれるのか。
アメリカ大統領として、何を重視し、どういう選択をしていくのか、その価値判断の軸を知るために、本書は日本人にとっても重要な一冊になる。――本書より

【目次】
第1章災厄の年
第2章人柄
第3章「大人になりなさい」
第4章 副大統領
第5章 外交問題
第6章 幸運と不運
第7章 魂をかけた戦い
第8章 バイデン政権を待つものは?

データ取得日:2021/10/19  書籍情報:openBD