ヒトラーのモデルはアメリカだった

法システムによる「純血の追求」

ヒトラーのモデルはアメリカだった

著者
ジェイムズ・Q・ウィットマン [著]/西川美樹 [訳]
出版社
みすず書房
ジャンル
歴史・地理/外国歴史
ISBN
9784622087250
発売日
2018/09/04
価格
4,180円(税込)

内容紹介

「本書の目的は、ナチスがニュルンベルク法を考案するさいにアメリカの人種法に着想を求めたという、これまで見落とされていた歴史を紐とくことだ。それにより、この歴史がナチス・ドイツについて、人種主義の近代史について、そしてとりわけこのアメリカという国について私たちに何を語るのか、それを問いかけることにある」(はじめに)
そして本書は、ナチスのニュルンベルク諸法が、市民権、およびセックスと生殖を重視していたことを指摘する。
「アメリカの人種法にはナチスから見て魅力的な面がいくつかあった。とりわけ異人種婚に重罰を科すアメリカの稀有な慣習が「ドイツ人の血と名誉を守るための法」の背景に見てとれる。いっぽう「血の一滴の掟」(ワンドロップルール)といった他の点は、あまりに過酷すぎると驚かれた」(終章)のだった。
法と歴史の狭間から、豊富な史料を駆使して、人種法における世界の「リーダー」たるアメリカ、さらにアメリカそのものに深く根付いた人種主義をあぶりだした、初めての試み。

データ取得日:2019/11/11  書籍情報:版元ドットコム