幻の惑星ヴァルカン

アインシュタインはいかにして惑星を破壊したのか

幻の惑星ヴァルカン

著者
トマス・レヴェンソン [著]/小林 由香利 [訳]
出版社
亜紀書房
ジャンル
自然科学/自然科学総記
ISBN
9784750515281
発売日
2017/11/13
価格
2,420円(税込)

内容紹介

人々の欲望が生み出し、そして消し去られた惑星があった。

時は19世紀末、天文学者たちは水星の軌道に生じる奇妙な”ずれ”に悩まされていた。ニュートン力学に則って考えると、どうしてもこのずれの説明がつかない。当代きっての天才科学者・ルヴェリエは、太陽と水星の間には我々がまだ見つけられていない惑星「ヴァルカン」が存在し、それこそがずれを引き起こしていると考えた。ヴァルカンをつかまえろ! プロ・アマ問わず、世界中の天文学者が望遠鏡を空に向け、発見の報告が相次いだ。

……問題はただ一つ。
ヴァルカンは存在しなかったのである。

幻の惑星と若き物理学者・アインシュタインによってもたらされた相対性理論の知られざる関係、そして未知の惑星探査を通じて科学の進歩とパラダイムシフトを描く。ロマンあふれるサイエンス・ノンフィクション。

データ取得日:2020/07/06  書籍情報:openBD