kaze no tanbun 夕暮れの草の冠

kaze no tanbun 夕暮れの草の冠

著者
西崎 憲 [著]/青木 淳悟 [著]/円城 塔 [著]/大木 芙沙子 [著]/小山田 浩子 [著]/柿村 将彦 [著]/岸本 佐知子 [著]/木下 古栗 [著]/斎藤 真理子 [著]/滝口 悠生 [著]/飛 浩隆 [著]/蜂本 みさ [著]/早助 よう子 [著]/日和 聡子 [著]/藤野 可織 [著]/松永 美穂 [著]/皆川 博子 [著]
出版社
柏書房
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784760152834
発売日
2021/06/29
価格
2,200円(税込)

内容紹介

【概要】
世にも精緻な文の祝祭がここに──。
西崎憲プロデュースの短文集シリーズ〈kaze no tanbun〉第三弾。「夕暮れの草の冠」をテーマに、稀代の文章家17人が、小説でも詩でもない「短文」を書き上げました。作品同士が響き合い、さらに余白に配された超短文「エピグラム」によって一篇の物語のようにも読める、かつてない破格のアンソロジーです。

【著者】(五十音順)
青木淳悟/円城塔/大木芙沙子/小山田浩子/柿村将彦/岸本佐知子/木下古栗/斎藤真理子/滝口悠生/飛浩隆/西崎憲/蜂本みさ/早助よう子/日和聡子/藤野可織/松永美穂/皆川博子

【kaze no tanbunとは】
「自分の生涯においてこれを作ったと自慢できる本を作りたい」。日本翻訳大賞の発起人であり、電子書籍レーベル「惑星と口笛ブックス」主催で、「BFC ブンゲイファイトクラブ」などを企画する西崎憲の発案からスタートした、全篇新作の〈短文〉アンソロジーシリーズ。「短文」とは「小説でもエッセイでも詩でもない、ただ短い文。しかし広い文」(西崎氏)。シリーズ通してブックデザインは奥定泰之。第一作「特別ではない一日」(2019年)、第二作「移動図書館の子供たち」(2020年)、「夕暮れの草の冠」(2021年)。

【「切手小説」プレゼント企画】
本書の執筆者17人による「切手小説」が印刷された、オリジナル切手シートを各種1名様、合計17名様にプレゼントします。
・本書挟み込みの応募用紙からハガキ部分を切り取って、住所・氏名・電話番号・メールアドレス・希望する小説の執筆者名・本書/シリーズのご感想を記入し、63円分の切手を貼り送ってください。
・本景品は、日本郵政の「オリジナル切手サービス」を利用して作成する、84円郵便切手×20枚・シール式の切手シートです。実際に切手としてご利用いただけます。
・発表は当選者への通知をもって代えさせていただきます。
・締切は2021年8月31日(火)消印有効

データ取得日:2021/10/17  書籍情報:openBD