建築家として生きる

職業としての建築家の社会学

建築家として生きる

著者
松村 淳 [著]
出版社
晃洋書房
ジャンル
工学工業/建築
ISBN
9784771034754
発売日
2021/03/30
価格
2,970円(税込)

内容紹介

日本の建築家はいかにつくられ、継承されてきたのか。
現場の建築家たちはこの職業とどう向き合い、実践してきたのか。
ごく一部の有名建築家を除き、建築家として働く人たちの実態は、これまで意外なほど明らかにされていない。建築家という存在そのものがゆらぎはじめている現代、専門的な教育を受け、難関の資格試験をクリアし、建築家を自認するようになる彼・彼女たちは、どのように考え、動き、働いているのか。非意匠系の建築設計者、地方都市で活躍する建築家、さらには建築家を自認しない建築家など、さまざまな建築家の姿を、背景にある時代性とともに考察し、その輪郭を描きだす。

データ取得日:2022/06/29  書籍情報:openBD