人志とたけし

芸能にとって「笑い」とはなにか

人志とたけし

著者
杉田俊介 [著]
出版社
晶文社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784794972460
発売日
2020/12/24
価格
1,925円(税込)

内容紹介

すべてが「ネタ」化する日常。
なぜ、芸人が「現代の象徴」になっているのか?
2020年、お笑い界に巻き起こった「地殻変動」とは。

noteでも大反響! 
鋭利な視点で、お笑い×芸能から社会を読み解く。

[対談収録]
・九龍ジョー氏
・マキタスポーツ氏
・矢野利裕氏
・西森路代氏

第1章では、2019年夏にnoteで大反響を引き起こした批評文、
「松本人志についてのノート」を軸に、松本の「わからなさ」と笑いの深層に迫っていく。
一方で対極的なあり方をしているビートたけし/北野武について
「芸能界の王様と道化」を一人二役的に演じてきた状況に
吹き込む虚無的な風の行方を探る。芸能の臨界点はどこにあるのか。

第2章では、九龍ジョー氏、マキタスポーツ氏・矢野利裕氏、西森路代氏との対談により、
さらに現代のお笑いや芸能界の実情をより複眼的・立体的に思考する。

データ取得日:2021/10/20  書籍情報:openBD