天草島原一揆後を治めた代官鈴木重成

天草島原一揆後を治めた代官鈴木重成

著者
田口 孝雄 [著]
出版社
弦書房
ジャンル
歴史・地理/日本歴史
ISBN
9784863291904
発売日
2019/06/20
価格
2,376円(税込)

内容紹介

捨身懸命の生涯。一揆後、疲弊しきった天草と島原で、戦後処理と治国安民を12年にわたって成し遂げた徳川家の側近・鈴木重成とはどのような人物だったのか。重成が実行した特異な復興策とその思想を、天草の鈴木神社宮司が浮き彫りにする。
どのような《復興策》を講じたのか。
・原城で死んでいったキリシタンを仏式で供養。恩讐も宗教の違いも越えた救済と融和を目指した。
・村民の心のよりどころである神社を復興。
・村内を再編成。移民を誘致。大胆な年貢減免。
・キリシタン対策も行う一方で、兄・正三が、庶民のための仏教と勤勉の哲学を説く。

データ取得日:2019/08/29  書籍情報:版元ドットコム