死とは何か

1300年から現代まで

死とは何か

著者
ミシェル・ヴォヴェル [著]/立川孝一 [訳]/瓜生洋一 [訳]
出版社
藤原書店
ジャンル
歴史・地理/外国歴史
ISBN
9784865782073
発売日
2019/01/25
価格
7,480円(税込)

内容紹介

ヴォヴェルの代表的大作、完訳! 人間は死とどう向き合ってきたか? 心性の歴史家、プロヴァンスの革命史家ヴォヴェル(1933-2018)の主著であり、「死の歴史」の到達点が、遂に完訳! 人は必ず死ぬ。生きている人間は、死をどう考え、死後の時間をどう想像し、死者とどう向き合い、死に向かう自己としてどういう行動をとってきたか。宗教、哲学、文学、科学の文献を渉猟、また文献のみならず絵画、彫刻、建築に至る膨大な資料をもとに、中世から現代までの西欧世界(さらに新大陸に及ぶ西洋世界)を展望する。

データ取得日:2019/10/16  書籍情報:版元ドットコム