ことばは味を超える

美味しい表現の探求

ことばは味を超える

著者
瀬戸 賢一 [著、編集]/小森 道彦 [著]/山口 治彦 [著]/辻本 智子 [著]/小田 希望 [著]/山添 秀剛 [著]/武藤 彩加 [著]/安井 泉 [著]
出版社
海鳴社
ジャンル
語学/語学総記
ISBN
9784875252122
発売日
2003/02/05
価格
2,700円(税込)

内容紹介

テレビでもグルメ番組は花盛り。ところが、料理の美味しさを伝える「味ことば」はきわめて少ない。そこで人は触覚、視覚、嗅覚その他ありとあらゆる手段を講じてなんとか伝えようとする。例えば——つつましく微笑する・深い・一流シェフの・恐ろしい・クセのある・幸せな・華やかな・丸い・とがった・四角い・ツンとした・涼しい・やかましい・天上の音楽を奏でる・白い・赤い・懐かしい、などなど。エッセイ、車内の吊り広告、グルメ雑誌、ネット、漫画などのことばの海に飛び込んで、繊細微妙な味を見分け、味分け、嗅ぎ分けた味の言語学入門。

データ取得日:2017/11/21  書籍情報:版元ドットコム