愚直な検事魂

思い出の事件等とその真実

愚直な検事魂

著者
井内 顯策 [著]
出版社
人間社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784908627613
発売日
2020/11/09
価格
1,650円(税込)

内容紹介

元東京地検特捜部長が伝える「検事スピリッツ」とは何か?

検事生活32年。さまざまな事件や案件を手がけてきた元東京地検特捜部長・井内顯策。
「するべきことを愚直に泥臭くする。検事にスマートさは要らない」、これが検事の実像であると著者は説く。
労をいとわず、ときには無駄と思えるようなことでも「念のためにする」という姿勢が大事、ともいう。
特捜部の捜査の実態は、いかに端緒を得るかから始まり、もがき、あがき、苦しみを積み重ねながらどうにか真相(らしきもの)を解明すること。
思い出に残る事件を振り返りながら、先ごろ改正・公布の「刑事訴訟法」が適用されたリニア中央新幹線の建設工事をめぐる談合事件、カルロス・ゴーン日産自動車前会長による背任事件、秋元衆議院議員らによるIR汚職、河井案里参議院議員、克行衆議院議員の公職選挙法違反疑惑、黒川東京高検検事長の定年延長問題にも、特捜部長OBとして私見を述べている。

データ取得日:2021/07/28  書籍情報:openBD