26文字のラブレター

26文字のラブレター

著者
遊泳舎 [編集]/いとうあつき [イラスト]
出版社
遊泳舎
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784909842046
発売日
2019/12/06
価格
1,980円(税込)

内容紹介

「恋に焦がれて鳴く蝉よりも 鳴かぬ蛍が身を焦がす」

江戸末期〜明治にかけて流行した26文字の唄「都々逸(どどいつ)」。本書では、恋愛にまつわる60作品を現代解釈を交えたイラストとともに紹介します。
さらに、スペシャルコラム「都々逸を詠む」では、現代の作家やアーティストの方々による、オリジナル都々逸を掲載。
時代を超えてよみがえった珠玉の恋の唄を、じっくりと味わってみてください。

○都々逸とは?
俳句が「5・7・5」、短歌が「5・7・5・7・7」であるのに対し、都々逸は基本的に「7・7・7・5」の形式になっているのが特徴です。
寄席で三味線を弾きながら唄われるなどして親しまれ、唄い継がれてきたものが多かったため、思わず口ずさみたくなるような独特のリズムを持っています。

データ取得日:2021/07/22  書籍情報:openBD