矢部太郎「大家さんと僕」
2018/07/04

番外編 『大家さんと僕』手塚治虫文化賞短編賞受賞記念

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コミックエッセイ『大家さんと僕』で、芸人として初の快挙となる手塚治虫文化賞短編賞を受賞したカラテカ・矢部太郎さん。矢部さんが暮らす新宿外れの一軒家での、大家さんとの日常を描いた同作は、話題が話題を呼び既に50万部を超えるベストセラーとなっている。
 6月7日に行われた手塚治虫文化賞贈呈式。少女漫画界の巨匠・里中満智子さんの選評と、矢部さんの受賞スピーチには会場中が涙したという。当日は、芸能界の先輩たちが駆けつけ会場を盛り上げたり、手塚治虫先生のご長女・手塚るみ子さんとの対談も行われたり、懇親会が行われたりと、盛りだくさんの1日。その幸せな1日の様子を、矢部さんご本人が描き下ろしたマンガでお楽しみください!

【『大家さんと僕』手塚治虫文化賞短編賞受賞記念特集】矢部太郎×手塚るみ子/治虫さんと僕

1

2

4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加