元祖 屁理屈おじさん【私の名作ブックレビュー】

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モオツァルト 無常という事

『モオツァルト 無常という事』

著者
小林 秀雄 [著]
出版社
新潮社
ISBN
9784101007045
価格
594円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【私の名作ブックレビュー】元祖 屁理屈おじさん

[レビュアー] サンキュータツオ(お笑い芸人、日本語学者)

 美しい夕景を見たとき、それを絵に描く人もいれば、文章に書く人もいるし、歌で感動を表現する人がいる。そのなかで、「なぜこんなに夕景が美しいのか」について考える人、またそのこと自体を表現する人がいる。それが批評であり、評論だと私は考える。わかるまで考え続ける。それが目的化している。屁理屈が大好きなのである。

 一般に、批評とか評論をする人は、客観的な文章で、フェアな視点で、主観を殺して文章を書いているイメージがある。でも、小林秀雄はそうじゃない! 「なぜこんなに夕景が美しいのか」、そのことについて、つねに「なぜ自分には」この景色が美しく見えるのかという、「自分」の話をしている人なのだ。「僕」という一人称がこれほど多出する評論家はいない。それは、自分の発言に責任をもつということの表れ。なにかと向き合っている自分の表れだ。「評論家目線」とか「上から目線」とかではない、「自分の目線」だ。あくまで対象ではなく「自分」語り。小林秀雄がツイッターをやっていたら、人に対するセコいツッコミなんかしない。自分に夢中なタイプだ。

 自分と向き合い、作家をトレースしていく過程を「物語」として紡ぐ。そこには常に「僕」がいる。

 小林秀雄ほどの屁理屈おじさんはいない。会って『あまちゃん』の話とか、好きなおかずの話とか、そういうくだらない話をしたい。

新潮社 週刊新潮
2013年6月13日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加