朱の記憶 亀倉雄策伝 [著]馬場マコト

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朱の記憶 亀倉雄策伝 [著]馬場マコト

[レビュアー] 週刊新潮

 約半世紀前の東京オリンピックで使われたエンブレム。朱色の太陽と黄金の五輪、そしてTOKYO1964の文字で構成された力強いデザインは亀倉の作だった。戦中のプロパガンダから戦後の国家的イベントまで、日本のデザイン界をリードし続けた男の生涯をたどる。

新潮社 週刊新潮
2016年2月11日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加