『翻訳できない世界のことば』 エラ・フランシス・サンダース著

レビュー

8
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳できない世界のことば

『翻訳できない世界のことば』

著者
エラ・フランシス・サンダース [著]/前田まゆみ [訳]
出版社
創元社
ISBN
9784422701042
発売日
2016/04/11
価格
1,728円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『翻訳できない世界のことば』 エラ・フランシス・サンダース著

[レビュアー] 青山七恵(作家)

 旅先の街の人に駅までの道を聞いたとき、お礼を言って歩き始めたとたんにその道順を忘れてしまう、そんな経験はないだろうか。この状態をハワイ語では「アキヒになった」と言うそうだ。街角で途方に暮れるひとときにいかにもしっくりとなじむ、なんとも素敵(すてき)な言葉ではないか。

 本書にはこの「アキヒ」のように、異言語間で一語対一語の翻訳ができない世界各国の言葉が五十二語紹介されている。「ピサンザプラ=バナナを食べるときの所要時間」(マレー語)、「ティヤム=はじめてその人に出会ったときの、自分の目の輝き」(ペルシア語)など、どの言葉にもユニークな言語文化が感じられて、ページを繰るのがひたすら楽しい。

 著者による色彩豊かなイラストレーションも美しく、好きな言葉に付箋を貼って贈り物にしてみても、きっと素敵な一冊だ。前田まゆみ訳。(創元社、1600円)

読売新聞
2016年5月8日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加