ロッキング・オン天国 [著]増井修

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロッキング・オン天国 [著]増井修

[レビュアー] 週刊新潮

 四半世紀前、「十代の若者にしか売れない」音楽雑誌が熱狂の時代を迎えた。激しい論争を受けて立ち、編集部員の「キャラ」を創作して読者にイメージを売り、UKロックをもり立てていた日々を、当時の辣腕編集長が語る。ここにしかない、熱い「一時代」の証言だ。

新潮社 週刊新潮
2016年8月4日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加