精神病院のない社会をめざして バザーリア伝 [著]ミケーレ・ザネッティ、フランチェスコ・パルメジャーニ

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

精神病院のない社会をめざして バザーリア伝 [著]ミケーレ・ザネッティ、フランチェスコ・パルメジャーニ

[レビュアー] 週刊新潮

かつて精神病者を監獄のような施設に隔離していたイタリア。しかし1978年、精神病院の廃止が決定され、いま実際に消えつつある。患者は地域や家族とのつながりを取り戻し、人間として生きるようになった。劇的な変化をもたらした精神科医にして革命家の伝記。

新潮社 週刊新潮
2016年12月1日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加