周到な取材、抑制のきいた筆致

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本会議の正体

『日本会議の正体』

著者
青木 理 [著]
出版社
平凡社
ジャンル
社会科学/政治-含む国防軍事
ISBN
9784582858181
発売日
2016/07/11
価格
864円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

周到な取材、抑制のきいた筆致

[レビュアー] 図書新聞

 いまさら紹介することもないぐらいの話題の書。日本を乗っ取る(そして食い潰す)かのような日本会議についての本となれば売れて当然だろうが、しかし話題になった理由の一つは、著者の(いつもながらの)周到な取材と、相当に抑制のきいた筆致にあるように思われる。当然にも、著者は「基本的に日本会議の主張を好ましくないものだと捉えている」が、「ためにする」批判は差し控え、いまや「話題」に事欠かない稲田朋美ら関係者へのインタビュー取材の内容を記すところでも、「正確を期すために」著者の評価などを途中で挟むことはなく、厳密な一問一答形式での叙述が続く。そのうえで、憲法改正が視野に入った現在は正念場であり、その成否の動きがすべての鍵を握っていると結論づける。(7・8刊、二六四頁・本体八〇〇円・平凡社新書)

図書新聞
2016年11月5日号(3277号) 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

図書新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加