最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』から『バック・トゥ・ザ・フューチャー』まで [著]町山智浩

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最も危険なアメリカ映画  『國民の創生』から『バック・トゥ・ザ・フューチャー』まで

『最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』から『バック・トゥ・ザ・フューチャー』まで』

著者
町山 智浩 [著]
出版社
集英社インターナショナル
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784797673340
発売日
2016/10/26
価格
1,296円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』から『バック・トゥ・ザ・フューチャー』まで [著]町山智浩

[レビュアー] 週刊新潮

映画は社会の合わせ鏡だ。テーマや内容は時代や社会を映し出している。たとえ、それが隠されたものであっても。著者は過去のアメリカ映画を検証し、トランプを次期大統領に選んだ国の本質に迫っていく。どの作品も見直したくなること必至。

新潮社 週刊新潮
2016年12月8日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加