<東北の本棚>人工クモ糸を巡る攻防

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴッド・スパイダー

『ゴッド・スパイダー』

著者
三浦 明博 [著]
出版社
講談社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784062202152
発売日
2016/08/31
価格
1,620円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

<東北の本棚>人工クモ糸を巡る攻防

[レビュアー] 河北新報

 自然界のクモが生む繊維は、鋼鉄の5倍もの強靱(きょうじん)さとナイロンを上回る伸縮性を併せ持つ。人工的に合成できれば自動車、航空機、医療、建築とさまざまな産業に利用され、生産段階での環境負荷も少ない「夢の素材」だ。この新素材を巡る研究者らの情熱と失望にハッカーの暗躍も絡め、仙台市在住作家がテンポのいい群像ミステリーに仕立てた。
 北海道の大学研究室で人工クモ糸の量産化をテーマに研究を続ける日々野は、突然飛び込んできたニュースに耳を疑う。日本のベンチャー企業が世界に先駆けて量産の成功にこぎ着け、その経営者は同窓の友人片桐だったからだ。落胆を押し隠し、3年ぶりに連絡を取る。
 地方紙「仙台新報社」の記者広瀬は、ネット通販サイトが公表しないサイバー攻撃の真相を追っていた。その妻、真澄は学生時代に日々野、片桐らと一緒にクモ糸研究に打ち込んだ理系主婦。広瀬は夜ごとに外出する妻の不可解な行動を怪しんでいた。一方、片桐の会社はハッカーの侵入を許し、産業機密喪失の危機にあった。片桐はかつて、ハッキングによって研究データを失う痛恨の過去を抱えていた。
 ハッカーと聞くと、高度な知識と技術を悪用してコンピューターに不正アクセスする犯罪者のイメージがあるが、実際にはその能力を生かし、セキュリティーの不備を知らせる善意の「ホワイトハット・ハッカー」も存在するという。クモ糸研究の学問分野である、生物の形態や機能を現代のテクノロジーに応用するバイオミメティクス(生物模倣)も分かりやすく解説され、小説の展開とともに興味をかき立てる。
 片桐の機転、日々野の再起など一人一人のエピソードを効果的に織り交ぜ、クモの網を思わせる精緻な物語を組み上げた。
 著者は1959年栗原市生まれ。2002年「滅びのモノクローム」で江戸川乱歩賞。
 講談社03(5395)5817=1620円。

河北新報
2016年11月27日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

河北新報社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加