<東北の本棚>世の中を明るく照らす

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハゲ川柳

『ハゲ川柳』

著者
ツル多はげます会 [著]/竹浪 正造 [イラスト]
出版社
河出書房新社
ジャンル
文学/日本文学詩歌
ISBN
9784309024912
発売日
2016/08/16
価格
1,080円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

<東北の本棚>世の中を明るく照らす

[レビュアー] 河北新報

 つるつるの頭に吸盤をつけ、ひもで引っ張り合う吸盤綱引き。意表を突くイベント開催で全国に名をはせた青森県鶴田町の「ツル多はげます会」が、会員が詠んだ頭髪川柳をまとめた。福徳円満を心がける「光頭者」の83句を紹介する。
 <寒暖が 直接伝わる ハゲ頭><ハゲっぷり いつも社長と 間違われ>
 自分の容姿をネタにして笑いを誘う句が続く。黒髪があった若き日の姿に後ろ髪引かれることなく、仲間と共に今を楽しんでいる喜びが伝わってくる。
 会結成は1989年。切るところはほとんどないのに理髪店の料金が一律なことに不満を感じていた竹浪正造さん(98)ら13人が「我こそはイケてるツルッパゲだ」と意気投合した。
 モットーは、はげを通じて世の中を明るく照らす。穴から頭頂部だけを出し、誰の頭かを当てさせる「平和の光あてクイズ」。頭頂部に吸盤で交通安全の小旗を貼り付け、「けが(毛が)ないように」と登下校の児童を見守るなど、ユーモアあふれる活動を展開し、現在は県外から参加する人も増えている。
 70点超の挿絵は、創設者で終身名誉幹事長の竹浪さんが描き下ろした。ぼくとつとした筆致が川柳の味を引き出し、思わずにやりとさせられる。
 河出書房新社03(3404)1201=1080円。

河北新報
2016年12月11日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

河北新報社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加