ノンフィクションにもストーリーがある

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地図のない場所で眠りたい

『地図のない場所で眠りたい』

著者
高野 秀行 [著]/角幡 唯介 [著]
出版社
講談社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784062934633
発売日
2016/10/14
価格
734円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

ノンフィクションにもストーリーがある

[レビュアー] 図書新聞

 手に取らないわけにはいかないタイトルの勝利。そして、編集の妙もある(各章末尾に入る「探検を知る一冊」は、これだけで一冊つくってほしいくらいだ)。ノンフィクション作家二人の対談集。仮にこの二人のファンでなくても、「作家はどのように書くか」とか「書くときの苦労話」などを読みたい向きにもうってつけ。二人のファンにとっては「第四章 作品を語る」が白眉か。フィクションには物語があるが、ノンフィクションはそうではない――これは大間違いだと本書を読むとわかる。ノンフィクションにもストーリーがある。作家はそれをどう書くかで苦心している。行った土地やテーマの面白さだけでなく、文章の面白さでこそ、つまり「作家性」で勝負したいと、二人の作家は考えている。(10・14刊、三四六頁・本体六八〇円・講談社文庫)

図書新聞
2017年1月1日号(3285号) 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

図書新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加