『日本財団は、いったい何をしているのか 第三巻 民間流の世界戦略』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本財団は、いったい何をしているのか 第3巻 民間流の世界戦略

『日本財団は、いったい何をしているのか 第3巻 民間流の世界戦略』

著者
鳥海 美朗 [著]
出版社
木楽舎
ISBN
9784863241107
発売日
2016/12/17
価格
1,512円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『日本財団は、いったい何をしているのか 第三巻 民間流の世界戦略』

[レビュアー] 産経新聞社

 日本財団という名前は知られているが、具体的に何をしている団体か知っている人はあまり多くはないだろう。この世界有数の民間社会貢献団体が、中国、米国、欧州、イスラム諸国など世界各地でいかに事業を進めてきたか、その戦略を本書は解き明かしている。

 一読して感じるのは「官」を補完する「民間」という立場の存在価値だ。本書では特に日中交流事業に関する記述が豊富だが、日本財団が両国の政治対立と距離を置いて民間外交を進めてきた歴史がよく分かる。日本財団の実相に切り込む長編シリーズの第3弾だが、この1冊だけでも十分に役立つ。(鳥海美朗著/木楽舎・1400円+税)

産経新聞
2017年1月8日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加