『署名はカリガリ』 四方田犬彦著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

署名はカリガリ

『署名はカリガリ』

著者
四方田 犬彦 [著]
出版社
新潮社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784103671091
発売日
2016/11/30
価格
2,592円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『署名はカリガリ』 四方田犬彦著

[レビュアー] 苅部直(政治学者・東京大教授)

混在する前衛と伝統

 大正時代の末、一九二六年に公開された映画『狂った一頁』は、当時の前衛芸術の代表であるとともに、フィルムが数奇な運命を辿(たど)ったことでも知られている。監督、衣笠貞之助の当時の作品のほとんどが、撮影所の火事によって失われているが、この一本だけは監督の自宅に残っていたフィルムが七一年に発見された。

 衣笠がこの無声映画に音楽をつけて再上映したのが七五年。それを紹介する映像をテレビで観(み)た経験が忘れられない。患者を堅く閉じ込めていた戦前の精神病院を舞台にしているが、その舞台設定よりも、映像そのものが狂気のように感じられ、子供心には当時流行のオカルト映画やパニック映画よりも怖かった。

 観客の不安を誘う歪(ゆが)んだ風景や、強烈な明暗のコントラスト。夢と現実とが交差しているような、物語の不可解な進行。そうした特色が、第一次世界大戦の直後のドイツで作られた表現主義の映画『カリガリ博士』のもたらした衝撃に発することを、四方田犬彦はこの本で綿密に解きあかしてゆく。

 同じくこの映画に触発されて、谷崎潤一郎は自作の小説『人面疽(じんめんそ)』の映画化を試み、作家、大泉黒石による原作を溝口健二が監督した『血と霊』も作られた。『狂った一頁』もまた、人気の女形俳優であった衣笠が横光利一、川端康成といった新進作家たちとともに手がけた仕事。いわば総合的な前衛芸術の運動を開花させた初発の一撃が『カリガリ博士』だった。

 三つの試みのなかで『狂った一頁』だけが、傑作として映画史に名を遺(のこ)すことに成功する。もともと西洋的な知性と無縁な大衆劇の出身だった衣笠のもつ感覚を盛り込むことで、作品がまとまったのである。こうした前衛と伝統との奇妙な混在が、その後、日本の前衛芸術が世界に訴える力となり、他面で風土を突き抜けられない弱みにもつながったのだろう。映画と文学の分野をこえた運動の意義を伝える一冊。

 ◇よもた・いぬひこ=1953年生まれ。映画や文学など様々な批評活動を展開。著書に『ルイス・ブニュエル』。

 新潮社 2400円

読売新聞
2017年1月8日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加