『黄金の時刻の滴り』辻邦生著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黄金の時刻の滴り

『黄金の時刻の滴り』

著者
辻 邦生 [著]
出版社
講談社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784062903349
発売日
2017/01/11
価格
2,052円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『黄金の時刻の滴り』辻邦生著

[レビュアー] 産経新聞社

 著者が愛する12人の作家(マン、ヘミングウェー、モーム、カフカ、ディキンスン、スタンダール、ゲーテ、チェーホフ、リルケ、ウルフ、トルストイ、漱石)の創作の根源に迫ろうと、「インタビュー」の形式を借りて、想像力豊かに紡がれた12編の短編小説集。単行本の刊行は平成5年。

 人間存在と歴史への深い理解、ミステリー作家顔負けの巧みな筋運び、典雅な文章とあふれる詩情…。いずれの短編も物語を読む喜びを存分に味わわせてくれる。仏文学者・中条省平さんの解説も秀逸だ。読者は好みの作家から読み始めればいいだろう。(講談社文芸文庫・1900円+税)

産経新聞
2017年1月15日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加