『パスポート学』 陳天璽、大西広之、小森宏美、佐々木てる編著

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パスポート学

『パスポート学』

著者
陳 天璽 [著、編集]/大西 広之 [著、編集]/小森 宏美 [著、編集]/佐々木 てる [著、編集]
出版社
北海道大学出版会
ジャンル
社会科学/社会
ISBN
9784832968233
発売日
2016/11/02
価格
3,456円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『パスポート学』 陳天璽、大西広之、小森宏美、佐々木てる編著

[レビュアー] 奈良岡聰智(政治史学者・京大教授)

 パスポートを、モノ、概念双方の観点から考察した、本邦初の「パスポート百科全書」である。イギリスにはパスポートを持っていても本国に自由に入国できない人々がいる、EUではペット用のパスポートも発行されているなど、興味深い事実が多数の写真とともに紹介されている。江戸時代の通行手形に遡って、日本のパスポートの歴史も検討されている。

 在日コリアンがどのようなパスポートを持っているか、どれだけの人が知っているだろうか。難民や無国籍者と呼ばれる人々が、パスポートやそれに相当する証明書の入手をいかに渇望しているか、想像できるだろうか。本書は、こうした点についても深く掘り下げている。ユニークな視点から国籍の問題を考察した貴重な研究成果であり、国家のあり方そのものに関しても考えさせられる点が多い。

 北海道大学出版会 3200円

読売新聞
2017年1月15日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加