『ライムスター宇多丸の映画カウンセリング』 宇多丸著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライムスター宇多丸の映画カウンセリング

『ライムスター宇多丸の映画カウンセリング』

著者
宇多丸 [著]
出版社
新潮社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784103505617
発売日
2016/11/30
価格
1,620円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『ライムスター宇多丸の映画カウンセリング』 宇多丸著

[レビュアー] 青山七恵(作家)

 「カツラを外すタイミングが分かりません!」「彼氏がヤクザになってしまいました」「なんでヤンキーがモテるんだ!」

 こんな困った悩み(怒り?)を抱える人々に、ラジオの映画評で活躍するラッパーの宇多丸さんが処方箋のように“効く”映画をおすすめしていく本書。回答にはメジャーなものからマイナーなものまで思いもよらないタイトルが次々挙げられていくが、どんな些末(さまつ)な(でも相談者にとっては切実な)悩みであっても、一生懸命に考えて、一生懸命に映画をおすすめする宇多丸さんの姿勢がとにかく熱い。情熱と知識に裏打ちされた言葉には、思わず耳を傾けたくなる説得力がある。「テレビのテロップや字幕、多すぎません?」という質問には、日本語の音の特性に精通するラッパーならではの回答にハッとさせられたし、「小説を結末から読んじゃう癖を治したい!」という人への回答には、映画のみならず全てのフィクション作品に対するリスペクトと愛情が溢(あふ)れていて、なんだか心打たれた。人に何かをすすめるときの態度についても、多くを学べる一冊だ。

 新潮社 1500円

読売新聞
2017年1月29日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加