『偽史の政治学』 河野有理著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

偽史の政治学

『偽史の政治学』

著者
河野 有理 [著]
出版社
白水社
ジャンル
哲学・宗教・心理学/哲学
ISBN
9784560095287
発売日
2016/12/28
価格
3,024円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『偽史の政治学』 河野有理著

[レビュアー] 苅部直(政治学者・東京大教授)

幅広く活発な言論空間

 この本の副題は「新日本政治思想史」である。明治二十年代にデビューした徳富蘇峰など若い政論家たちは、“ぼくらの時代”としての明治を「新日本」と呼んで、徳川時代までの「旧日本」とは異なる世の中が開けたと主張した。製鉄会社やプロレス団体の名で「新日本」の言葉がおなじみになってしまった今では、むしろ「シン・日本」とでも表記した方が、斬新さの意味あいが伝わるかもしれない。

 「新日本」である明治時代の思想家が多く登場するが、「政治思想史」ときいて、堅苦しいインテリの群像を予想しながらこの本を読むならば、きっと驚くだろう。前時代から活躍した朱子学者でありながら、西洋思想の概念の「翻訳」作業を強く提唱した阪谷素(しろし)。哲学体系を曼荼羅(まんだら)に図示し、バンザイに代わる「いやさか」の発声と体操まで考案した筧(かけい)克彦。自分の家に伝わるという偽史の書物に仮託して、みずからの社会構想を語った権藤成卿(せいきょう)。いずれも、まっとうな知識人の類型からはみだすような奇矯さをもっている。

 だが、トンデモ学者の生態をおもしろがって終わるような本ではない。奇矯な人間もまた、まじめな思想家たちといりまじり、真剣に議論を闘わせていた。そうした明治の言論空間の幅の広さと活発さを示したところに、この本の思想史研究としての意味がある。そしてそれは、明治初年に福沢諭吉や阪谷素が活躍した、明六社の言論・出版活動を通じて、日本史上初めて切り開かれた空間だったのである。

 最後に登場する丸山眞男は、ある意味でもっとも奇矯な人物かもしれない。一冊の論文集のために研究会を四十年以上も続け、ついに未刊に終わった。この本では未公刊の資料も用いながら、その思想家としての苦闘がめざしたものを明らかにする。戦後の民主主義体制の正統性の根拠はどこに求められるか。その問いの重さが、読み終わったあとに身に迫ってくる。

 ◇こうの・ゆうり=1979年生まれ。首都大学東京教授(日本政治思想史)。著書に『明六雑誌の政治思想』。

 白水社 2800円

読売新聞
2017年2月5日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加