『10分後にうんこが出ます 排泄予知デバイス開発物語』 中西敦士著

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10分後にうんこが出ます

『10分後にうんこが出ます』

著者
中西 敦士 [著]
出版社
新潮社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784103505310
発売日
2016/11/30
価格
1,404円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『10分後にうんこが出ます 排泄予知デバイス開発物語』 中西敦士著

[レビュアー] 朝井リョウ(作家)

 電車やバスでの長距離移動、アウトドア系イベント……腹が弱い私の眼前には、避けたい局面が山積している。そんな私にとって、この題名は魔法の言葉に聞こえた。

 この本は、アメリカの路上で粗相をしてしまった著者が、排泄(はいせつ)機器デバイス(体内にある便が排泄されるまでの時間を超音波で推定できる機器)を開発するまでの日々を描いている。相棒となる人物との出会い、体を張った実験、資金難など何度も襲い来るトラブル……読み物としての面白さにも満ちながら、粗相から事業化まで約二年というスピード感に圧倒される。その土台には著者の卓越した行動力があり、著者が自らの足で撒(ま)いた種は、時空を超え、必要な時に必要な運を手繰り寄せる。ページの隙間から、著者の人間力が迸(ほとばし)る。

 介護の現場ではこの機器の実証実験が始まっており、有効性が確認されている。排泄機能に障害がある子どもたち等、この機器を私以上に必要としている人は多くいるだろう。たった一人の黒歴史が人類の歴史を塗り替えていく。その最初の二年間を目に焼き付けておいて損はないはずだ。

 新潮社 1300円

読売新聞
2017年2月5日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加