『暗黒の巨人軍論』野村克也著

レビュー

5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暗黒の巨人軍論

『暗黒の巨人軍論』

著者
野村 克也 [著]
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784040820941
発売日
2017/02/10
価格
864円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『暗黒の巨人軍論』野村克也著

[レビュアー] 産経新聞社

「またノムさんの巨人批判か」と思う向きもおられるかもしれない。結論からいうと、違う。

 全5章のうち大雑把(おおざっぱ)に、批判・論評は計3章、あとの2章は「V9時代の巨人に学べ」「松井秀喜監督、野村克也ヘッドコーチなら最強」といった助言を列挙している。確かにここ数年の巨人は本業で精彩を欠く場面が目立ち、選手の不祥事も相次ぎ、「落胆を禁じ得ない」と著者はいう。

 そうした原因を得意のデータなどを活かして分析。独自の「巨人軍再生論」を展開するのだ。巻末にこうある。「強くなくてもいい。プロの野球を見せてくれ!」(角川新書・800円+税)

産経新聞
2017年2月19日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加