『白い衝動』呉勝浩著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白い衝動

『白い衝動』

著者
呉 勝浩 [著]
出版社
講談社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784062203890
発売日
2017/01/25
価格
1,728円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『白い衝動』呉勝浩著

[レビュアー] 産経新聞社

 「ぼくは、人を殺してみたい」。スクールカウンセラーの奥貫千早に男子高校生が告白する。同じ頃、その地域に女子高生3人に乱暴の限りを働き、刑期を終えた男が住んでいることが分かる。

 社会はどこまで他人を受け入れられるのか、それが罪を犯した者、もしくは殺人衝動を持っている者だとしても可能なのか。

 社会が抱える「悪」に直面したときの“いい人”の対応が、きれいごとではなく描かれる。排除か、隔離か、それとも…。学校で家庭で地域で、千早は葛藤する。

 その千早にも影の部分が見え隠れするのが、物語に深みを与える。(講談社、1600円+税)

産経新聞
2017年2月26日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加