まんが版「伝え方が9割」 シリーズ累計100万部を突破

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まんがでわかる 伝え方が9割

『まんがでわかる 伝え方が9割』

著者
佐々木圭一 [著]/星井博文 [著]/大舞キリコ [著]
出版社
ダイヤモンド社
ジャンル
社会科学/社会科学総記
ISBN
9784478068649
発売日
2017/01/27
価格
1,296円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

ベストセラーのまんが化と侮るなかれ!

[レビュアー] 田中大輔(某社書店営業)

『まんがでわかる 伝え方が9割』が売れている。「伝え方が9割」シリーズ累計で100万部を突破したそうだ。私が購入した初版の帯にはシリーズ92万部突破と書いてあるので、まんが版だけでも8万部近くが発行されていると考えられる。

 ベストセラーになったビジネス書をまんがにするという風潮は以前からあった。『まんがでわかる 7つの習慣』(フランクリン・コヴィー・ジャパン監修、宝島社)がシリーズ累計で100万部を突破したことをきっかけに、雨後のタケノコのようにまんが版のビジネス書が乱発された。過当競争の結果、まんが版のビジネス書はあまり売れないという印象があった。それをこの本が払拭したようだ。

 本書の元になっている佐々木圭一『伝え方が9割』(ダイヤモンド社)を、私は丸善・丸の内本店で働いていたときにめちゃくちゃ売った。少なからずヒットのきっかけを作ったという自負もある。というのも、この本は発売前から売れると確信していたのだ。レバレッジシリーズでヒット作を連発した本田直之さんがイベントで来店した際に、「今度自分プロデュースで本を出すのだけど、これは絶対に売れる」と、著者の佐々木圭一さんを紹介してくれた。その言葉を信じて、初回に100~200冊を仕入れて展開したところ、これが飛ぶように売れたのだ。自分でも読んでみたら、すこぶるおもしろい。普遍性があり、さらに人の人生を変える大きな力がある本だと思った。それで、私が所属する書評サイトのHONZで発売直後にレビューを書き、書店でも一番目立つところに展開するなど、猛烈にプッシュをした。そういったことが多少なりとも影響したのか、その後この本は全国で売れまくり78万部を突破するベストセラーとなった。

『まんがでわかる 伝え方が9割』は、まんがの力によって「強いコトバ」をつくる5つの技術や、「ノー」を「イエス」に変える技術などの、伝え方のレシピがよりわかりやすく説明されている。まんがだからと侮るなかれ。この本に書かれている伝え方のレシピは一生モノの武器になること間違いなし。

新潮社 週刊新潮
2017年3月16日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加