ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)「生きづらい世でも」【書店員レビュー】

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)「生きづらい世でも」【書店員レビュー】

[レビュアー] ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)(書店員)

寂しすぎてレズ風俗に行ってきました、というレポート。世の生きづらさ、息苦しさ、居場所の無さに苦しんできたという著者による書名の通りのセキララな実録漫画。件の場所を訪れてみた事でその「寂しさ」は埋められたのか。その心は満たされたのか。 本書で描かれる、人間であるからこそ感じざるを得ない人間関係や職場環境における葛藤や居心地の悪さ、気まずさ。それらが行き着いた果ての出口なし感、もうどうにもならん、というドン底感。他人事じゃないですよ、たぶん。貴女や貴方も一度は感じたことがある心の闇であり「病み」である、はず。そんな闇に光を、病みに癒しを。それらは何処からやって来るものではなく。自分との苦闘の中でオノレ自身で突破するもの。生きていくのって、大変。でも、希望や喜びもある。「ある」というか見い出せる。人間の喜怒哀楽、生老病死についてしみじみ考えさせられる作品。2017年「このマンガがスゴイ・オンナ編」第3位受賞作品。

トーハン e-hon
2017年1月27日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

トーハン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加