『ナスカイ』 梅佳代著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナスカイ

『ナスカイ』

著者
梅 佳代 [著]
出版社
亜紀書房
ジャンル
芸術・生活/写真・工芸
ISBN
9784750515045
発売日
2017/03/04
価格
2,156円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『ナスカイ』 梅佳代著

 コクヨのキャンパスノートを模した写真集を開くと、10代の男の子たちの笑顔が弾(はじ)ける。ナスカイとは、栃木県の全寮制の中高一貫男子校、那須高原海城中学・高校のこと。普通に見える彼らはしかし、2011年の東日本大震災で校舎が被災して以来、東京の兄弟校や廃校で学校生活を送ってきた。ユーモラスなスナップ写真で知られる人気写真家が、那須に帰る日を夢見て学園生活を送る青春の風景を切り取った。

 この世代の男の子はいい意味で汗臭い。おバカなポーズで決め、給食にかぶりつき、友達と夢を語り合う。乱雑に上履きが並ぶスナップが、そうした汗の匂いを写しとる。間借り生活の寂しさもにじませながら。

 当初、那須へ戻ることを目指していた同校は、震災の影響で今年度末での閉校を決め、この3月、最後の卒業生が旅立った。青春の汗は、スナップ写真の中でずっと輝いている。(亜紀書房、1996円)(佐)

読売新聞
2017年3月26日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加